コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテール シュテールStehr, Hermann

3件 の用語解説(シュテールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュテール
シュテール
Stehr, Hermann

[生]1864.2.16. ハーベルシュウェールト
[没]1940.9.11. オーバーシュライバーハウ
ドイツの作家。小学校教師を 30年つとめたのち文筆生活に入る。老荘思想インド哲学に打込み,自然主義神秘主義とを結びつけた瞑想的な作風で知られる。主著『三夜』 Drei Nächte (1909) ,『聖人屋敷』 Der Heiligenhof (18) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュテール
シュテール
Stöhr, Adolf

[生]1855
[没]1921
オーストリアの哲学者。 F.ブレンターノの志向論を批判し,哲学的心理学の確立に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュテール
しゅてーる
Hermann Stehr
(1864―1940)

ドイツの小説家。シュレージエン出身。山村の小学校教員として教会の教育管理に抵抗し、農民、職人、女性、子供ら、抑圧された人間の魂の自由を強調する自然主義的小説を書いた。短編集『生死を賭(か)けて』(1899)、長編『レオノーレ・グリーベル』(1900)がこの時期の代表作。のち、しだいに神秘主義的、反近代主義的な色彩を強め、『三夜』(1909)、『聖者屋敷』(1917)、『ペーター・ブリントアイゼナー』(1924)などの長編小説で、現実の醜さや貧しさに内面生活の豊かさを対置する独特の神秘主義的、現実批判的な世界を描いた。[池田浩士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュテールの関連キーワード元治ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助久坂玄瑞楠音次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュテールの関連情報