コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプリンガー シュプリンガー Springer, Anton

4件 の用語解説(シュプリンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュプリンガー
シュプリンガー
Springer, Anton

[生]1825.7.13. プラハ
[没]1891.5.31. ライプチヒ
ドイツの美術史学者。 1860年ボン大学,72年ストラスブール大学,73年以後ライプチヒ大学の教授を歴任。従来の美学的,哲学的考察方法を排し,厳格な文献学的批判と様式分析的考察を基礎とした実証主義的美術史を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュプリンガー
シュプリンガー
Springer, Axel

[生]1912.5.2. ハンブルク
[没]1985.9.22. 西ベルリン
ドイツのマスコミコンツェルンの支配者。出版業者の子に生れ,第2次世界大戦後の占領期に,『ヘール・ツー』 Hör zu (イギリスBBCの『リスナー』をまねた放送番組雑誌) を創刊して成功 (現在の発行部数 450万部) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュプリンガー

ドイツ最大の新聞・雑誌企業経営者。ハンブルクを本拠に第2次大戦後急速に事業を発展させた。シュプリンガー・グループはドイツ最大の大衆紙《ビルトツァイトゥング》,高級紙《ディー・ウェルト》など各種新聞,雑誌類を擁し,ウルシュタイン出版社を傘下にもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュプリンガー
しゅぷりんがー
Axel Csar Springer
(1912―1985)

ドイツの新聞・出版経営者。ハンブルク郊外に生まれ、父の出版業を受け継ぐ。第二次世界大戦後の1945年ハンブルクで出版事業を開始、1946年、ラジオ番組を中心とする週刊誌『ヘール・ツー』を創刊して成功、1948年には大衆夕刊紙『ハンブルガー・アーベントブラット』、1952年には『ビルト・ツァイトゥンク』(のち『ビルト』)を創刊した。『ビルト』は、はでな写真と事件、性を売り物にドイツ主要都市で印刷、発行部数はヨーロッパ第一(約290万部。2010)を誇る。1953年には高級紙『ディ・ウェルト』を買収したほか、多くの新聞、雑誌を発行していたので、彼の反共イデオロギーとともに、その新聞・出版界における独占的地位がしばしば問題になった。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュプリンガーの関連キーワードハンブルマリエンブルク城レーベンブルク城エーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・フィルハーモニカーハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・バレエ団ローテンブルク岩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュプリンガーの関連情報