コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュラーバスティー シュラーバスティー Śrāvastī

4件 の用語解説(シュラーバスティーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュラーバスティー
シュラーバスティー
Śrāvastī

インド古代都市。漢訳仏典の舎衛城。ブッダ時代 (前6~5世紀) にコーサラ国の都としてプラセーナジット王 (波斯匿〈はしのく〉) のもとに栄えていたが,コーサラ国の滅亡とともに繁栄を失った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュラーバスティー

インドの古地名。舎衛城(しゃえじょう),舎衛国とも。釈迦時代に北部インドにあったコーサラ国の首都で,現在のウッタル・プラデーシュ州のゴンダ付近に比定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュラーバスティー【Śrāvastī】

古代インドのコーサラ国の都。漢訳には舎衛城(国)と記される。現在のウッタル・プラデーシュ州のサヘート・マヘートのうちのマヘートに,かつての都シュラーバスティーの遺跡がある。釈迦在世当時(前5~前4世紀)のコーサラ国はマガダ国とならぶ二大強国であり,その都はラプティ川の南岸に位置する商業都市であった。7世紀に玄奘(げんじよう)が訪れたときにはすでに荒廃し,都城の境界も定まらないような状況であったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュラーバスティー
しゅらーばすてぃー
rvast

古代北インド、コーサラ国の都。漢訳仏典の舎衛城(しゃえいじょう)。ブッダ在世のころプラセーナジット(波斯匿(はしのく))王のもとで、政治、経済の中心として栄えたが、コーサラ国滅亡(前5世紀初め)とともに衰微した。今日、ウッタル・プラデシュ州のサヘート・マヘートから遺跡が発掘されている。なお、ブッダがしばしば滞在した祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)は、この都の大商人スダッタ(須達(しゅだつ))がジェータ王子の園林を買って仏教教団に寄進したものである。[山崎元一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュラーバスティーの関連キーワードバイシャーリープラセーナジット舎衛バーラトインド更紗波斯匿王洛叉コーサラ古代インドネシア美術南コーサラ国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone