コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュラーバスティー Śrāvastī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュラーバスティー
Śrāvastī

北インドの古代都市。漢訳仏典の舎衛城ブッダ時代 (前6~5世紀) にコーサラ国の都としてプラセーナジット王 (波斯匿〈はしのく〉) のもとに栄えていたが,コーサラ国の滅亡とともに繁栄を失った。アナータピンディカ長者 (給孤独長者) がブッダに寄進した祇園精舎はここにあった。この都市の遺跡の一部が,現在のウッタルプラデーシュ州のサヘート・マヘートで発見されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュラーバスティー

インドの古地名。舎衛城(しゃえじょう),舎衛国とも。釈迦時代に北部インドにあったコーサラ国の首都で,現在のウッタル・プラデーシュ州のゴンダ付近に比定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュラーバスティー【Śrāvastī】

古代インドのコーサラ国の都。漢訳には舎衛城(国)と記される。現在のウッタル・プラデーシュ州のサヘート・マヘートのうちのマヘートに,かつての都シュラーバスティーの遺跡がある。釈迦在世当時(前5~前4世紀)のコーサラ国はマガダ国とならぶ二大強国であり,その都はラプティ川の南岸に位置する商業都市であった。7世紀に玄奘(げんじよう)が訪れたときにはすでに荒廃し,都城の境界も定まらないような状況であったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュラーバスティー
しゅらーばすてぃー
rvast

古代北インド、コーサラ国の都。漢訳仏典の舎衛城(しゃえいじょう)。ブッダ在世のころプラセーナジット(波斯匿(はしのく))王のもとで、政治、経済の中心として栄えたが、コーサラ国滅亡(前5世紀初め)とともに衰微した。今日、ウッタル・プラデシュ州のサヘート・マヘートから遺跡が発掘されている。なお、ブッダがしばしば滞在した祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)は、この都の大商人スダッタ(須達(しゅだつ))がジェータ王子の園林を買って仏教教団に寄進したものである。[山崎元一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュラーバスティーの関連キーワードカピラバストゥセッティスダッタ勝鬘夫人須菩提精舎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android