コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワーベの法則 シュワーベのほうそくSchwabe's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワーベの法則
シュワーベのほうそく
Schwabe's law

エンゲルの法則とほぼ同時代に発見された有名な家計支出に関する統計的経験法則で,「低所得層ほど総消費支出に占める住居費の割合が大きい」というのがその内容。ドイツの統計学者 H.シュワーベがその著書『ベルリン市における住居費と所得との関係』 Das Verhältnis von Miete und Einkommen in Berlin (1868) において叙述した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シュワーベ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【シュワーベの法則】

1868年、ドイツの統計学者シュワーベ(H.Schwabe)が提示した法則。所得が多くなれば住居費、特に家賃の支出額は多くなるが、家計支出額全体に占める割合は小さくなるというもの。→エンゲルの法則

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュワーベの法則【シュワーベのほうそく】

家計支出の統計的経験法則として知られ,所得が増加すると家賃支出の絶対額は増加するが,家計総支出に対しては相対的に低下する,という法則。ドイツの統計学者シュワーベH.Schwabe〔1828-?〕がベルリンの家計調査(1867年)によって明らかにした。
→関連項目エンゲル係数家計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュワーベのほうそく【シュワーベの法則 Schwabe’s law】

ベルリンの統計局長であったシュワーベHermann Schwabe(1828‐?)によって1868年に提唱された家計支出に関する経験法則。エンゲル法則に対比してしばしば言及される。シュワーベは,前年に行われた調査を分析した65年の〈ベルリンにおける家賃と所得の関係〉という報告で,所得と家賃との間で〈低所得者階級ほど,所得に占める家賃の割合が高くなる〉という経験的観測事実のあることを提唱した。歴史的な住宅供給の制度的変化や地域的な住宅事情や人口動態の差異から,最近では必ずしも普遍的にこの法則が成立するとはいいがたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シュワーベのほうそく【シュワーベの法則】

低所得層ほど所得から家賃に支出する割合が大であるという法則。ドイツの経済学者シュワーベが発表。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワーベの法則
しゅわーべのほうそく
Schwabe's law

所得が上昇するにつれて住居費の支出額は増大するが、その消費支出に占める比率はしだいに低下するという経験法則。ドイツの統計学者シュワーベHermann Schwabe(1828―?)がベルリンの家計調査に基づいて1868年に発表した。エンゲルの法則が消費支出に占める食料費の比率を定式化したのと対応しているが、その住居費が主として家賃であったこと、現在では家具什器(じゅうき)に対する支出額が大きくなっていること、さらには社宅、公営住宅、持ち家の普及等々、歴史的な住宅供給の変化、地域的事情、さらには人口動態の差異から、この法則が普遍的に成り立つとはいえなくなっている。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android