コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューバ 〈ロシア〉shuba

デジタル大辞泉の解説

シューバ(〈ロシア〉shuba)

毛皮製の防寒用オーバー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シューバ【shuba】

ロシアを含む東スラブ地域で男女ともに用いる毛皮の裏つき外套。文献の上では14世紀末に最初の言及が見られるが,ロシアブイリーナ(口承叙事詩)の中では,諸公に従う親衛隊(ドルジーナdruzhina)の用いるクロテンヒョウの毛皮上着として描かれている。裁ち方としては,前合せの長衣型のもの(ロシア南方,特にドンやクバン,テレク,シベリア地域),腰部にくびれのある一枚裁ちのもの,ひだ付きで最も新しい半幅外套型のもの(ボルガ中流の中央工業地域)の3種があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シューバ【shuba】

毛皮のオーバー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シューバの関連キーワードシュトゥルム・ウント・ドラング農書(農業に関する書物)バールー‐シューバールハロルド アタリッジJ.J. シューバトスウェーデン文学シューバート劇場シューバート兄弟武蔵野音楽大学アベルチェンコ3月24日ナジーモワタッカー推理小説

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android