コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーロー Schawlow, Arthur Leonard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショーロー
Schawlow, Arthur Leonard

[生]1921.5.5. マウントバーノン
[没]1999.4.28. カリフォルニア,スタンフォード
アメリカの物理学者。幼児期に一家でカナダに移住。トロント大学で 1949年博士号を取得。この年 C.H.タウンズが率いるメーザー・レーザー研究計画に参加。 51年ベル電話研究所に移り,60年コロンビア大学客員教授,翌年スタンフォード大学教授。物質と電磁波の相互作用の分光分析に大きく貢献。特にレーザーを利用することで,光の反射・吸収スペクトルが原子や分子運動によるドップラー効果のために広くなってしまう現象を避けられることを初めて明らかにし,高分解能分光学の分野に重要な寄与をした。 N.ブルームバーゲン,K.M.シーグバーンとともに 81年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ショーローの関連キーワードレーザーヘンシュタウンズメーマン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショーローの関連情報