シルミン(英語表記)Silumin

百科事典マイペディアの解説

シルミン

ケイ素を加えた鋳造用アルミニウム合金ケイ素を減じ,マグネシウムを加えたαシルミン,銅を加えた含銅シルミンが多く使われる。鋳肌(いはだ)が美麗で,機械・計器部品など薄肉鋳物に向く。
→関連項目軽合金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シルミン【silumin】

ケイ素をおもな添加元素とする鋳物用のアルミニウム合金。湯流れがよく収縮も少ないので鋳造性がよい。また複雑な形状の鋳物にも使用され,耐食性も比較的良好である。もとはアルミニウムにケイ素約12%の二元共晶合金をシルミンといった。これは強度はさほど高くないが,鋳造性がよい。このシルミンのケイ素を減らしてマグネシウムを加え,熱処理により析出硬化させて強さを高めるγ‐シルミン,マグネシウムの代りに銅を加える含銅シルミンなどの種類がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シルミン【Silumin】

ケイ素を含む鋳物用アルミニウム合金。鋳造後の収縮が少なく、耐食性も比較的よい。複雑な形状の鋳物に適する。航空機・自動車の部品製造などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シルミン

〘名〙 (silumin) 珪素約一〇パーセントと微量の銅・鉄を含むアルミニウム合金。鋳造性・耐食性にすぐれ、金型や精密鋳物などに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシルミンの言及

【アルミニウム合金】より

…シリンダーヘッドやクランクケースなど自動車のエンジン部品として使用される。(c)Al‐Si系合金(AC3A)は,Si10~13%を含む共晶合金で,シルミンSiluminとも呼ばれる。とくに鋳造性がよく,薄肉で複雑な形状のものに適するが,強度は高くない。…

【アルミニウム合金】より

…シリンダーヘッドやクランクケースなど自動車のエンジン部品として使用される。(c)Al‐Si系合金(AC3A)は,Si10~13%を含む共晶合金で,シルミンSiluminとも呼ばれる。とくに鋳造性がよく,薄肉で複雑な形状のものに適するが,強度は高くない。…

※「シルミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる