コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロサンゴ Corallium konojoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロサンゴ
Corallium konojoi

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科。群体は高さ,幅とも 20~30cm。樹状で,ほぼ一平面上にまばらに枝分かれして,枝先は丸みを帯びる。個虫はおもに枝の前面末端部につき,大型のもので直径 2~3mmほどである。外皮の色は黄色あるいは淡い朱色。骨軸は白くて非常に硬く,各種の細工物にされる。近縁のアカサンゴモモイロサンゴに比べて浅所に生息する。小笠原諸島,四国南部,九州西方の水深数十mの岩場から得られる。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロサンゴ
しろさんご / 白珊瑚
[学]Corallium konojoi

腔腸(こうちょう)動物門花虫(かちゅう)綱八放サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科に属する海産動物。四国南岸、鹿児島県西岸、五島(ごとう)列島、小笠原(おがさわら)諸島付近の水深数十メートルの岩礁に成育する。群体は樹状で、ほぼ一平面に扇状に分岐する。高さ、幅とも20~30センチメートル。個虫は2型を示し、通常個員と管状個員を区別できる。群体には表裏があり、群体の片面には多くの小枝が突出し、通常個員のほとんどすべては小枝の出る表(おもて)面に分布し、とくに小枝上に多くみられる。裏面は小枝の突出はなく、通常個員もほとんど分布していない。共肉は淡朱色で、そのなかに通常個員と管状個員を分布させる。通常個員はほぼ群体表面にのみ分布し、共肉面よりやや突出する。管状個員は群体の表・裏面ともに一様に密に分布し、共肉面からほとんど突出しない。アカサンゴやモモイロサンゴより浅い所に成育する。骨軸は炭酸石灰で硬くて白色。アカサンゴやモモイロサンゴの骨軸とともに装飾用に加工されるが、品質はあまりよくない。[内田紘臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシロサンゴの言及

【サンゴ(珊瑚)】より

…イシサンゴ類はポリプを取り除いて骨格を置物にするくらいで,装飾品などに加工はできない。
[生態・利用]
 装飾品にされる本サンゴにはアカサンゴCorallium japonicum,モモイロサンゴC.elatius,シロサンゴC.konojoi,ベニサンゴC.rubrumなどがあり,土佐沖,南西諸島から台湾,小笠原諸島,ミッドウェー諸島に分布している。ほとんどのものは水深100~300mの海底に着生しているが,ミッドウェー諸島沖では1979年以来水深1000~1500mの海底から採取されていて,〈ミッド赤ボケ〉とか〈ミッド白〉などの慣用名で呼ばれている。…

※「シロサンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロサンゴの関連キーワード日本のサンゴ漁宝石サンゴ宝石珊瑚八放珊瑚腔腸動物ヤギ類珊瑚

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android