コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロボヤ シロボヤ Styela plicata

4件 の用語解説(シロボヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロボヤ
シロボヤ
Styela plicata

原索動物門尾索亜門ホヤ綱壁性目エボヤ科。体長6~7cm。体は汚白色。体表は革のようで,丸みを帯びた塊状の凹凸があり,泥や他の小動物が付着していることが多い。一端で他物に付着し,入水孔は上端に,出水孔は背側のやや下方に開いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シロボヤ

北海道をのぞく日本各地に広く生息する。体長は5~7センチ程度で黄白色をしていて楕円(だえん)形。浅瀬の岩や桟橋、ロープ、船底などに付着する。初夏に成熟するが、水温が異常上昇するとカキやアコヤガイの殻に付着して、酸欠のために死滅させることもある。

(2010-11-21 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シロボヤ【Styela plicata】

ホヤ綱エボヤ科の原索動物イラスト)。体が白いのでこの名がある。本州から九州にかけて分布し,内湾に設置してある諸施設に付着する。体長5~7cmの楕円形で,体表には多くの塊状の凹凸がある。入水孔は体の上端に開き,出水孔は背側のやや下方に開いている。体の表面は,かたい革質で泥やフジツボ,海藻などが付着していることが多い。養殖用のいかだ,桟橋,船底や漁網などに多量に付着し,大きな害を与えることがある。汚損生物の一つとされ,漁網の15cm×20cmの面積に280g付着していた例がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロボヤ
しろぼや / 白海鞘
[学]Styela plicata

原索動物門尾索綱壁性目スチエラ科に属する単体ホヤ。体長は通常7センチメートルまでで、やや細長い楕円(だえん)体。体後端で他物に付着するが、ごくまれに柄をもつ。被嚢(ひのう)はやや固い皮状で厚く、黄白色を呈し、表面にこぶ状隆起がある。青森県陸奥(むつ)湾以南の汚れた内湾にごく普通で、船底や養殖筏(いかだ)などに多量に群がりついて漁業者を困らすことがある。また、砂泥底の小石に多量に着底して底引網の操業を妨げた例もある。転石の下面にはめったに付着しない。厳寒期を除いて一年中成熟し、幼生は放卵後約2昼夜で着底する。世界の温水域に広く分布しているが、これは船に着生して運ばれたためと考えられている。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロボヤの関連キーワードアカボヤイタボヤチブサボヤドロボヤ亜門光海鞘魚介類エボヤ(柄海鞘)マボヤ(真海鞘)ユウレイボヤ(幽霊海鞘)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロボヤの関連情報