コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガポール海峡 シンガポールかいきょうSingapore Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンガポール海峡
シンガポールかいきょう
Singapore Strait

マレー半島南端に続く,シンガポール島リアウ諸島の間にある海峡。幅約 16km,長さ 80km。南シナ海マラッカ海峡をつなぎ,東アジアヨーロッパ中東などを結ぶ航路上の要点を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シンガポール‐かいきょう〔‐カイケフ〕【シンガポール海峡】

Singapore Straitマレー半島南端のシンガポール島インドネシアリアウ諸島を隔てる海峡。東の南シナ海と西のマラッカ海峡を結び、古くから海上交通の要路として知られる。長さ約100キロメートル。最狭部の幅は約4キロメートル。浅瀬や岩礁が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シンガポール海峡【シンガポールかいきょう】

東南アジアのマレー半島の南端にある海峡。北のシンガポールマレーシアジョホール州と,南のインドネシアのリアウ諸島との間に位置し,長さ約100km,幅16kmで,中央北側に港湾都市シンガポールがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンガポール海峡
しんがぽーるかいきょう
Singapore Strait

東南アジア、マレー半島南端のシンガポール島とインドネシア領リアウ諸島との間にある海峡。昔からマラッカ海峡と南シナ海を結び、歴史的に東西海上交通の一大要路であった。長さ約100キロメートル、幅は平均16キロメートルであるが、最狭部は4キロメートルにすぎない。水深は大きいが、海峡内には多数の小島や岩礁が散在し、航行には水先案内人を要して、操航に注意しなければならない。気象的には雨を伴う激しい風が頻発する。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シンガポール海峡の関連キーワードシンガポール(市)セントジョンズ島マラッカ海峡問題ペドラブランカ島タンジュンピアイリアウ[諸島]ジョホール水道ビンタン島東南アジアバタム島ケペル港新嘉坡クス島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シンガポール海峡の関連情報