コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シード・スパイス しーどすぱいすseed spice

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シード・スパイス
しーどすぱいす
seed spice

香辛料を主として味によって種子系(シード・スパイス)、香草系(ハーブ・スパイス)、香辛系(スパイシー・スパイス)と三つに分類したうちの一つ。シード・スパイスには、マスタード、フェネル、フェニュグリーク、キャラウェー、セロリシード、ディル、クミン、セサミシードなどが含まれ、小さな種子の香辛料をさす。ナツメグ、ペパー、カルダモンなど大きな種子のものは含まない。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シード・スパイスの関連キーワードハーブ・スパイスの種類