シード・スパイス(読み)しーどすぱいす(英語表記)seed spice

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シード・スパイス
しーどすぱいす
seed spice

香辛料を主として味によって種子系(シード・スパイス)、香草系(ハーブ・スパイス)、香辛系(スパイシー・スパイス)と三つに分類したうちの一つ。シード・スパイスには、マスタード、フェネル、フェニュグリーク、キャラウェー、セロリシード、ディル、クミン、セサミシードなどが含まれ、小さな種子の香辛料をさす。ナツメグ、ペパー、カルダモンなど大きな種子のものは含まない。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android