シード・スパイス(読み)しーどすぱいす(英語表記)seed spice

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シード・スパイス
しーどすぱいす
seed spice

香辛料を主として味によって種子系(シード・スパイス)、香草系(ハーブ・スパイス)、香辛系(スパイシー・スパイス)と三つに分類したうちの一つ。シード・スパイスには、マスタード、フェネル、フェニュグリーク、キャラウェー、セロリシード、ディル、クミン、セサミシードなどが含まれ、小さな種子の香辛料をさす。ナツメグ、ペパー、カルダモンなど大きな種子のものは含まない。

[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android