コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーボルト台風 シーボルトたいふう

2件 の用語解説(シーボルト台風の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シーボルトたいふう【シーボルト台風】

日本の歴史の中で台風が登場してくるのは古くは文永11年(1274)と弘安4年(1281)の2度の蒙古襲来時が著名であるが,日本の歴史に残るもっとも強い台風といわれるのがこのシーボルト台風である。もちろんその頃にシーボルト台風と名付けられたのではなく,後の気象災害史家がそう呼んでいるだけである。この台風は文政11年8月9日(太陽暦で1828年9月17日)に九州の西側をかすめたものと思われ,蒙古襲来時の台風と近いコースであったかもしれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーボルト台風
しーぼるとたいふう

1828年9月17日(文政11年8月9日)に長崎の西方に上陸した台風。上陸時の中心気圧は948ヘクトパスカル最大風速は毎秒50メートルと推定され、有明海(ありあけかい)の異常な高潮などのため死者は1万人に達した。シーボルトの名は、この台風により長崎の出島(でじま)付近に停泊していたオランダ商船コルネリス・ハウトマン号が難破し、その中のドイツ人医師シーボルトP. F. B. von Sieboldの積み荷から移出禁制品であった日本地図などが発見され、シーボルト事件が起こっていることに由来する。
 気象学者高橋浩一郎(こういちろう)は、シーボルト台風を、過去300年間に日本に来襲した台風のうち最大の被害を及ぼした台風と推定した(1962年刊行の日本気象学会機関紙『天気』に執筆した論文「過去300年間のA級暴風雨」に詳述)。台風被害が起きた場合の被害面積と死者数の関係には、個々の台風によって差はあるが、被害面積が大きいと死者数も多くなるという傾向がある。このような相関関係は、観測資料を丹念に調べることにより見出せる。また、観測機器のない時代については、古文書等の記述から台風の様相を推定する方法がある。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シーボルト台風の関連情報