コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本沿海輿地全図 だいにほんえんかいよちぜんず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本沿海輿地全図
だいにほんえんかいよちぜんず

伊能忠敬と高橋景保が作成した,最初の科学的実測に基づく日本全図。伊能図ともいう。寛政 12 (1800) 年の蝦夷地測量に始り,九州,種子島,屋久島,伊豆七島まで前後 17年かけて全国を実測,その成果を文政4 (21) 年,大図 (縮尺3万 6000分の1) 214枚,中図 (縮尺 21万 6000分の1) 8枚,小図 (縮尺 43万 2000分の1) 3枚に作成,江戸幕府に提出した。この地図測量で得られた成果を現在の値と比較すると,距離の測定誤差最大 300分の1,方位最大誤差約 0.3度,緯度測定誤差1分,子午線1度の長さの誤差 0.2kmであり,当時としては驚異的な高精度のものといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいにほんえんかいよちぜんず〔ダイニホンエンカイヨチゼンヅ〕【大日本沿海輿地全図】

江戸後期の日本地図。伊能忠敬作。寛政12年(1800)北海道の実測を開始、その後幕府の命令で全国を測量。忠敬の死後、弟子の高橋景保によって文政4年(1821)完成。明治以降の地図の基本資料となった。伊能図。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいにほんえんかいよちぜんず【大日本沿海輿地全図】

日本最初の実測日本地図。伊能忠敬著。1800年の蝦夷南東沿岸の測量を手始めに、以後幕命を受けて日本全国の沿岸を測量、忠敬没後21年門弟高橋景保によって完成された。伊能図。日本輿地全図。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本沿海輿地全図
だいにほんえんかいよちぜんず

江戸時代後期、伊能忠敬(いのうただたか)が作成した日本最初の実測日本地図。「伊能図」「日本輿地全図」ともいわれる。忠敬は日本全国の測量を1800~16年(寛政12~文化13)に行い、測量が一段落進むごとに、3万6000分の1の縮尺で製図し、これをまとめて長さ6尺、幅3尺ほどの地図(大図という)とした。大図は214枚あり、次に大図を6分の1に縮小して縮尺21万6000分の1の図(中図)8枚をつくり、これをまた2分の1にして縮尺43万2000分の1の地図(小図)3枚に仕上げた。その完成は忠敬の死後、1821年(文政4)のことであり、これが『大日本沿海輿地全図』である。この地図によって初めて日本の海岸線が正確に知られるようになり、日本の地理学上きわめて大きな貢献をした。江戸時代、この地図は幕府の独占であり、1828年のシーボルト事件で問題となった品のなかにはこの地図の写しも含まれていた。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大日本沿海輿地全図の関連キーワードゼンリン地図の資料館日本科学史(年表)大日本沿海実測録サンソン図法伊能忠敬旧宅伊能忠敬墓長久保赤水間宮林蔵地理学手始め地図史内田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大日本沿海輿地全図の関連情報