コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シー・ズー シー・ズー shih tzu

2件 の用語解説(シー・ズーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シー・ズー
シー・ズー
shih tzu

イヌの1品種。祖先はチベット原産のラサ・アプソといわれる。 17世紀から中国 ( ) の宮廷で愛玩犬として飼育され,現在の姿に改良された。長らく門外不出のイヌであったが,1930年代にイギリスに持出され,世界中に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

シー・ズー

チベット原産の小型犬。ラサ・アプソより小柄で、頭部の幅が広く、鼻口部がより短い。中国の清朝で愛玩犬として飼われ、豊富な被毛をもつ。JKCでは、第9グループ(愛玩犬)に分類する。◇品種の英名はShih Tzu

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシー・ズーの言及

【ラサ・アプソー[種]】より

…チベットでは幸福をもたらす魔よけイヌと信じられ,古代中国では貴族の間で貴重な贈物として珍重された。ペキニーズとラサ・アプソーの混血から作られたといわれる中国のシー・ズーShih Tzuとよく似ており,まちがわれることが多い。被毛はひじょうに豊富でやや硬く,全身を覆って鼻端だけが見える程度で,毛色は黒から白まで種々。…

※「シー・ズー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シー・ズーの関連キーワードチベット高原支那チベット諸語チベタン・キュイ・アプソチベタン・スパニエルチベタン・テリアラサ・アプソカダム派チベット騒乱チベット種 (Tibet)チベット占星術

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シー・ズーの関連情報