コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムカデ(地百足) ジムカデHarrimanella stelleriana (Pall.) Coville

世界大百科事典 第2版の解説

ジムカデ【ジムカデ(地百足) Harrimanella stelleriana (Pall.) Coville】

高山の岩地に生えるツツジ科の矮小(わいしよう)の常緑低木(イラスト)。和名は地をはうや葉がムカデを思わせるのでいう。茎は多くの枝に分かれて,地をはう。葉は広線形で長さ2~3mm,幅0.5~0.8mm,裏面の中央が隆起し,横断面はやや三角状である。7~8月,茎の先に横向きの広鐘形の花を1個つける。萼は赤褐色花冠白色で長さ5mm。おしべは10本。背面には2本のひげ状突起があり,葯室の先が開孔する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android