コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムカデ(地百足) ジムカデ Harrimanella stelleriana (Pall.) Coville

1件 の用語解説(ジムカデ(地百足)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジムカデ【ジムカデ(地百足) Harrimanella stelleriana (Pall.) Coville】

高山の岩地に生えるツツジ科の矮小(わいしよう)の常緑低木(イラスト)。和名は地をはう茎や葉がムカデを思わせるのでいう。茎は多くの枝に分かれて,地をはう。葉は広線形で長さ2~3mm,幅0.5~0.8mm,裏面の中央が隆起し,横断面はやや三角状である。7~8月,茎の先に横向きの広鐘形の花を1個つける。萼は赤褐色,花冠は白色で長さ5mm。おしべは10本。葯の背面には2本のひげ状突起があり,葯室の先が開孔する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジムカデ(地百足)の関連キーワード曙躑躅蔓苔桃日陰躑躅山躑躅矮小岩髭黒臼子米躑躅穂躑躅深山曙草

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone