コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイロセンサー ジャイロセンサー

2件 の用語解説(ジャイロセンサーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジャイロ‐センサー

《〈和〉gyro+sensor》物体の傾きを検出する装置の総称。かつてはジャイロスコープが用いられた。近年ではMEMS(メムス)を応用して、振動する音叉(おんさ)状の素子にかかるコリオリ力を電気信号に変換し、角速度を得る方式も開発されている。角速度センサー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャイロセンサー
じゃいろせんさー
gyrosensor

角速度を検出するための装置。角速度センサーともよばれる。角速度とは、回転運動をしている物体が単位時間当りどのくらいの角度で動いているかを知る単位である。ジャイロセンサーを使うことで、回転運動の速度を検知するとともに、向きの変化を知ることもできる。
 飛行機や船舶、スペースシャトル、レーシングカーといった乗り物では、位置情報を得たり姿勢制御を行うためにジャイロセンサーを使っている。ロボットやラジコンヘリコプターなども姿勢制御用として使用される。身近なところでは、入力装置として使うタブレット型端末、スマートフォン、携帯ゲームなどがある。また、手ぶれ補正機能付きデジタルカメラ、ジャイロセンサーで距離や速度情報を管理するカーナビゲーションシステムがある。ジャイロセンサーを入力装置で使う場合には、本体を傾けるとその方向や度合いを感知し、そのままコマンドとしてアプリケーションに反映させることができる。手や体の動きによる感覚的な入力が可能となるため利用が増えている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャイロセンサーの関連キーワード重さグラスホフ数視角側圧ヴェーバー数エッカート数ニュートンの冷却の法則gyro planegyro-stabilizer補助投影図

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャイロセンサーの関連情報