コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコーザ ジャコーザGiacosa, Giuseppe

3件 の用語解説(ジャコーザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコーザ
ジャコーザ
Giacosa, Giuseppe

[生]1847. イブレーア
[没]1906. ミラノ
イタリアの劇作家。後期ロマン主義の作家として出発したが,晩年には自然主義に傾いた。主著『将棋一番勝負』 Una partita a scacchi (1873) ,『木の葉のように』 Come le foglie (1900) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャコーザ【Giuseppe Giacosa】

1847‐1906
イタリアの劇作家。トリノ近郊のブルジョアの名家出身。デビュー作《チェスの試合》(1873)以来,中世,ルネサンスを舞台としたロマン主義的作品を書き続けるが,フランス自然主義や友人ベルガの影響を受けてしだいに写実的手法へ転換し,《悲しみの愛》(1887)や《木の葉のように》(1900)などに,当時のブルジョア社会の虚無と憂愁を描いた。彼の作風の変化は,後期ロマン主義からスカピリアトゥーラ派の動きを経てベリズモに至る19世紀後半の文学的状況をそのまま反映している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコーザ
じゃこーざ
Giuseppe Giacosa
(1847―1906)

イタリアの劇作家。トリノ近郊のブルジョアの名家出身。デビュー作『チェスの試合』(1873)以来、後期ロマン主義的作品を書き続けるが、ベリズモの影響を受けてしだいに写実的手法へ転換し、『悲しみの愛』(1887)や『木の葉のように』(1900)などに、当時のブルジョア社会の虚無と憂愁を描いた。なお、『ラ・ボエーム』(1896)、『トスカ』(1900)、『蝶々(ちょうちょう)夫人』(1904)など、プッチーニのオペラの台本も手がけた。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジャコーザの関連キーワード児童雑誌笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学柳川一蝶斎(3代)学習院都太夫一中生田長江小松耕輔

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone