ジャック ニクラウス(英語表記)Jack Nicklaus

20世紀西洋人名事典の解説

ジャック ニクラウス
Jack Nicklaus


1940.1.21 -
米国のプロゴルファー。
コロンバス生まれ。
オハイオ州立大学卒。
本名Jack William Nicklaus。
1960〜70年代にパーマー、プレーヤーと共にビッグ・スリー時代を築きあげたプロゴルファーで、アマチュア時代の’59年、’61年の全米アマ優勝を初め、全米オープン、全英オープン、全米プロ、マスターズ等公式競技の優勝数、獲得累計賞金額は不滅の記録を持つ。「ゴールデン・ベア」の呼び名から「ゴルフの帝王」と変わり、後進の指導、コース設計、メジャー・スポーツ化等ゴルフ界に大きく貢献。著書もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ジャック ニクラウス
Jack Nicklaus


国籍
米国

専門
プロゴルファー

本名
Jack William Nicklaus

生年月日
1940/1/21

出生地
米国 オハイオ州コロンバス

学歴
オハイオ州立大学中退

経歴
10歳からゴルフを始め、16歳でオハイオ・オープンに勝ち、1959年、’61年全米アマ選手権で優勝。同年プロ入り。’62〜80年全米オープン4勝、’63〜80年全米プロゴルフ選手権5勝、’66〜78年全英オープン3勝、’63〜86年マスターズ6勝(大会最多)とメジャーで18勝を挙げる。’71年ダブルグランドスラム(4大大会すべてを2度以上優勝)を達成。’64〜76年賞金ランキング1位を保持し、20年以上にわたり“帝王”の座を守り続けた。“ビッグ・スリー”と称されたアーノルド・パーマー(米国)、ゲーリー・プレイヤー(南アフリカ)らとともに、’74年世界ゴルフ殿堂入り。’90年よりシニアツアーにも参加、’91年全米シニアオープンで初優勝。パーマーに次ぎ2人目の全米アマ、全米オープン、全米シニアオープンの3大会制覇を果たした。’96年4月米国シニアゴルフツアー2年連続優勝で、通算100勝(PGAツアー73勝,シニア10勝)を達成。’98年4月58歳でマスターズに6位入賞し、史上最年長でのベスト10入りを決めた。’99年1月腰の手術を行い、同年5月シニアに復帰。12月父子ペアで競うファーザー・サン・チャレンジで三男のゲーリーと組み優勝。2000年8月マスターズを除くメジャー3試合から引退。2005年4月にはマスターズから勇退し、7月の全英オープンでレギュラーツアーから引退した。豊富な経験を生かしてゴルフコースの設計、ゴルフウェアのデザインに参加する他、1992年ゴルフクラブの製造販売会社を設立するなど、関連事業も手掛ける。著書に「ジャック・ニクラウス・ゴルフ・マイウェイ」「勝利の決断19条」などがある。

受賞
アスリート・オブ・ザ・ディケード〔1970〜79年〕;ロイヤル・アンド・アンシャント・クラブ(R&A)名誉会員〔1990年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジャック ニクラウス

生年月日:1940年1月21日
アメリカのプロゴルファー

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android