コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャパンプレミアム じゃぱんぷれみあむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ジャパンプレミアム

国際金融市場で邦銀資金を調達する際に、資金の貸し手となる欧米銀行から上乗せして要求される金利幅。1993年の日本でのBIS規制導入、1997~98年の山一証券北海道拓殖銀行の経営破綻などでジャパンプレミアム幅は拡大するようになっている。ジャパンプレミアムは、日本の金融システムへの不安を反映したリスクコストといえる。ここ最近では、邦銀の不良債権処理が進み、また邦銀が海外業務から撤退したことで海外銀行からの資金調達そのものが少なくなっていることから、ジャパンプレミアムの幅は小幅で推移している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャパン‐プレミアム(Japan premium)

日本の金融機関が海外で資金調達を行う際に、海外の金融機関よりも高く要求される割り増し金利。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャパンプレミアム

サントリーが販売するワインの商品名。国産ぶどう100%原料としたワインブランド。ブドウ産地品種によるシリーズがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ジャパンプレミアム【Japan premium】

日本の銀行が海外市場で資金を調達する際に、信用力低下に対応して独自に要求される上乗せ金利。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ジャパンプレミアムの関連キーワードインターバンク・レートサントリー住専問題石油危機原宏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android