コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャムダット・ナスル文化 ジャムダットナスルぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ジャムダットナスルぶんか【ジャムダット・ナスル文化】

メソポタミア南部,すなわちバビロニアのジャムダット・ナスルJamdat Nasr遺跡を標式とする,前3200~前3100年ころの文化。かつてジェムデット・ナスルJemdet Nasrとも記された。ジャムダット・ナスルはバビロンの北東40kmにあり,1925‐26,28年にオックスフォード大学のS.ラングドンが,92m×48m以上の宮殿らしい日乾煉瓦の大きな建物と,赤と黒による幾何学文からなる彩文土器,やや発達した象形文字をもつタブレットなどを発掘した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジャムダット・ナスル文化の関連キーワード石製容器