コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャムダット・ナスル文化 ジャムダットナスルぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ジャムダットナスルぶんか【ジャムダット・ナスル文化】

メソポタミア南部,すなわちバビロニアのジャムダット・ナスルJamdat Nasr遺跡を標式とする,前3200~前3100年ころの文化。かつてジェムデット・ナスルJemdet Nasrとも記された。ジャムダット・ナスルはバビロンの北東40kmにあり,1925‐26,28年にオックスフォード大学のS.ラングドンが,92m×48m以上の宮殿らしい日乾煉瓦の大きな建物と,赤と黒による幾何学文からなる彩文土器,やや発達した象形文字をもつタブレットなどを発掘した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャムダット・ナスル文化の関連キーワード石製容器

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android