ジャン リシュパン(英語表記)Jean Richepin

20世紀西洋人名事典の解説


1849 - 1926
詩人,小説家,劇作家
元・アカデミー・フランセーズ会員。
メデア(アルジェリア)生まれ。
ギリシアラテン文学精通。ロマン派の詩人として出発し、次第に古典的な技法を示す。奇矯を好んで世間の注意を引きつけたが最初の詩集浮浪人の歌」(1876年)を刊行した際、幾編かが当局機嫌を損ね、投獄され罰金を科せられる。水夫、荷揚げ人夫をしながら生活費を稼いだ後「愛撫」(1877年)、「冒涜」(1884年)、「海」(1886年)などを発表。小説に「とりもち」(1881年)、「舗石」(1883年)など、戯曲に「浮浪者」(1897年)などがある。1908年アカデミー・フランセーズの会員に選出

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android