冒涜(読み)ぼうとく(英語表記)blasphemy

翻訳|blasphemy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冒涜
ぼうとく
blasphemy

キリスト教では「涜神」ともいい,言葉や行為によって神に侮辱を与えること。神をけがすことや不敬を伴わないかぎり,神の存在を否定したり,特定信条を疑い,否定しても必ずしもとはならない。イスラムでは神だけではなく,ムハンマドに対する侮辱も冒涜となる。冒涜に対するはすでに旧約聖書において石打ちのと定められており,のちのユスチニアヌス法典 (→勅法彙纂 ) や中世立法も社会への犯罪として死刑に定めている。啓蒙時代以降政教分離とともに冒涜は国家への罪とは認められていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐とく【冒×涜】

[名・形動](スル)神聖なもの、清浄なものをおかし、けがすこと。「神を冒涜する」
「附近に人が居るのを知ると、ハッとしてその―な口を緘(つぐ)んだ」〈菊池寛・忠直卿行状記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐とく【冒涜】

〘名〙 (形動) 神聖なもの、尊厳なもの、清らかなものをおかしけがすこと。また、そのさま。
※松山集(1365頃)上海蔵先師書「冒涜尊威、伏増汗懾某誠惶誠懼」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉五「神明に誓ひ万死を冒し威厳を冒涜(バウトク)し奉り候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android