愛撫(読み)アイブ

  • 愛×撫

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 子供や異性を、なでさすってかわいがること。いつくしみかわいがること。
※神霊を鎮祭し給へる詔‐明治三年(1870)一月三日「大祖創業、崇敬神明、愛撫蒼生
※運命論者(1903)〈国木田独歩〉四「其実子なる秀輔のみを傍に愛撫(アイブ)すること三年」 〔宋史‐范仲淹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛撫の関連情報