コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャービル・イブン・ハイヤーン Jābir ibn Hayyān,Abū Mūsā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャービル・イブン・ハイヤーン
Jābir ibn Hayyān,Abū Mūsā

[生]721頃.トゥース
[没]815頃.クーファ
イスラムの化学者,錬金術師ヨーロッパではゲーベル Geberの名で知られ,「アラビア化学の父」と呼ばれているが,その著作等のすべてが同一の人物に帰するか疑問視されている。彼の名声はおもにそのユニークな物質理論にあるとされている。彼の理論はギリシア科学四元素説を修正したもので,彼は4元素が寄集って水銀硫黄を形成すると考えた。そして,すべての金属は水銀と硫黄がいろいろな割合で混り合って生じるとした。たとえば,金はこの2種の元物質が理想的な割合で配合されたときつくることができると考えた。彼の理論はのちに修正されたりしたが,広く受入れられ,初期の化学の発展に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャービル・イブン・ハイヤーンの関連キーワード錬金術

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android