コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュベール ジュベールGevers, Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュベール
Gevers, Marie

[生]1883.12.30. エドゲム
[没]1975.3.9. エドゲム
ベルギーの女流作家,詩人。フランス語で執筆。詩集『帰り来る人々』 Ceux qui reviennent (1922) で,フランス田園風景の魅力と農民の神秘的な存在を歌った。小説に『マダム・オルファ』 Madame Orpha ou la Sérénade de mai (33) ,『西の城』 Château de l'Ouest (48) ,『池の生と死』 Vie et mort d'un étang (61) など。ベルギー王立フランス語文学アカデミー会員。

ジュベール
Joubert, Joseph

[生]1754. モンティニャック
[没]1824
フランスのモラリスト。 1778年パリに出てディドロらと親交を結んだが,93年ビルヌーブ=シュル=ヨンヌに隠棲,瞑想と思索の生活をおくった。友人シャトーブリアンの手で死後『随想集』 Recueil des pensées (1838) が出版された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジュベール(Jubail)

サウジアラビア東部の都市。ペルシア湾に面する。1975年に政府主導により工業団地と住宅地が整備され、急速に発展した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジュベール

フランスのモラリスト。ディドロ,ダランベールらと交友。死後にシャトーブリアンによってまとめられた《随想》(1838年)の作者として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ジュベールの関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬

ジュベールの関連情報