コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュベール ジュベール Gevers, Marie

4件 の用語解説(ジュベールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュベール
ジュベール
Gevers, Marie

[生]1883.12.30. エドゲム
[没]1975.3.9. エドゲム
ベルギー女流作家,詩人。フランス語で執筆。詩集『帰り来る人々』 Ceux qui reviennent (1922) で,フランス田園風景の魅力と農民の神秘的な存在を歌った。小説に『マダム・オルファ』 Madame Orpha ou la Sérénade de mai (33) ,『西の城』 Château de l'Ouest (48) ,『池の生と死』 Vie et mort d'un étang (61) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジュベール
ジュベール
Joubert, Joseph

[生]1754. モンティニャック
[没]1824
フランスのモラリスト。 1778年パリに出てディドロらと親交を結んだが,93年ビルヌーブ=シュル=ヨンヌに隠棲,瞑想と思索の生活をおくった。友人シャトーブリアンの手で死後『随想集』 Recueil des pensées (1838) が出版された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジュベール(Jubail)

サウジアラビア東部の都市。ペルシア湾に面する。1975年に政府主導により工業団地と住宅地が整備され、急速に発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジュベール

フランスのモラリスト。ディドロ,ダランベールらと交友。死後にシャトーブリアンによってまとめられた《随想》(1838年)の作者として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ジュベールの関連キーワードボードゲーム江戸芸者・江戸藝者江戸芸者すげ・むワイドゲージエドエドソン 125ansエンドゲーム/常野物語落語絵本 じゅげむロードゲイト (road gait)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュベールの関連情報