コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュール シュペルビエル Jules Supervielle

20世紀西洋人名事典の解説

ジュール シュペルビエル
Jules Supervielle


1884.1.16 - 1960.5.17
フランスの詩人,小説家,劇作家
モンテビデオ(ウルグアイ)生まれ。
生後両親と死別し、叔父に引き取られパリ大学卒業後、陸軍省に勤務する。ラフォルグの影響を受け詩を書き始め、1901年「過去の霧」を発表し、’19年「悲しきユーモア」で注目を浴びる。その後、「桟橋」(’22年)や「引力」(’25年)などユニークな詩集を発表する。どの流派にも属さない立場で独自の幻想的な詩風を持ち、’30年代後半から’40年代にかけての重要な詩人の一人である。’60年「詩王」に選ばれる。他の作品に「無実の囚人」(’30年)、「階段」(’56年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ジュール シュペルビエルの関連キーワード新藤兼人黒人文学磯崎新川添登国際通貨問題メタボリズムスベルドラップ(Johan Sverdrup)[各個指定]工芸技術部門安保闘争教育改革

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android