コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョス高原 ジョスコウゲン

デジタル大辞泉の解説

ジョス‐こうげん〔‐カウゲン〕【ジョス高原】

Jos Plateau》西アフリカ、ナイジェリア中央部に広がる高原。標高1200~1300メートル。中心都市はジョス。古くから農耕・牧畜が盛んで、植民地時代よりスズ採掘が行われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョス高原
じょすこうげん
Jos Plateau

西アフリカ、ナイジェリア中央部に広がる高原。南北約100キロメートル、東西約80キロメートル、平均標高1200~1300メートル。5月から9月までが雨季で、年間千数百ミリメートルの雨があるので、かつては雨緑林に広く覆われていたと思われるが、古くからの農耕、牧畜および錫(すず)の採掘などのため、現在は、風上側にあたる南西縁部を除き、樹林はほとんどない。ツェツェバエがいないので牧牛の適地であるが、同時に周囲から急斜面で隔てられているため、牧畜民族フラニ(フルベ)に追われた農耕民族の避難地でもあった。このため人口密度は1平方キロメートル当り100~150人と高い。中心都市はジョス。[田村俊和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジョス高原の関連キーワードポートハーコートツェツェバエカドゥナ川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android