ジョン コッククロフト(英語表記)John Douglas Cockcroft

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン コッククロフト
John Douglas Cockcroft


1897.5.27 - 1967.9.18
英国の物理学者
元・ケンブリッジ大学チャーチル・カレッジ学長。
トッドモーデン(ヨークシャー)生まれ。
大学卒業後、キャンヴェンディッシュ研究所でラザフォードの元で働き、1928年からは原子核物理学の実験を開始し、’32年にはウォルトンと共に強い電磁石と電圧増幅装置を製作し、加速された陽子をリチウムに当てて、人工的な変換でヘリウムを作り出した。この功績により、’51年にノーベル物理学賞を受賞した。’46年にハーウェルの原子エネルギー研究所の初代所長になり、’48年にナイトの称号を受け、’59年にはチャーチルカレッジの学長に就任、’61年に原子力平和賞を受けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android