コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジヨノ

2件 の用語解説(ジヨノの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジヨノ

フランスの小説家。貧しい靴屋の子として南仏に生まれ,独学で文学修業をし,1929年《丘》により文壇に出る。プロバンスの素朴な農民生活を暖かい筆致で描いた。ほかに《強い魂》《山中の戦い》《世界の歌》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジヨノ【Jean Giono】

1895‐1970
フランスの小説家,劇作家。南フランスのマノスク町に庶民の子として生まれ,生涯そこに住みついた彼は,根っからの反都会的・反近代文明的作家である。第1次大戦の従軍によって,非人間的な近代政治機構,人間を圧殺する機械文明の悪を痛感した彼は,出世作《丘》(1929)以来,生れ故郷の自然を彼独自の想像世界に仕立てあげて,時代の趨勢に逆らいつづけた。このような自然思想家としての彼の名声を確立した作品のおもなものに,小説《二番芽》(1930),《世界の歌》(1934),《わが悦びのつづかんことを》(1935),《屋上の軽騎兵》(1951),戯曲《パン屋の女房》(1944)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジヨノの関連キーワードカルコデュマミルボーロランゴンクール赤い数珠赤い輪ノー・マンズ・ランド813三つの眼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone