コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジルバーマン ジルバーマン Silbermann, Gottfried

2件 の用語解説(ジルバーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジルバーマン
ジルバーマン
Silbermann, Gottfried

[生]1683.1.14. ザクセン,クラインボブリッチュ
[没]1753.8.4. ドレスデン
J.S.バッハと同時代のドイツオルガン製作者。オルガン製作者の家系の出で,シュトラスブルクで兄アンドレアスのもとに学び,1710年フライベルクに移って独立。ドレスデン,フライベルクをはじめザクセン地方に約 50の名器を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジルバーマン【Silbermann】

ドイツのオルガンおよび鍵盤楽器製作者の一族。(1)アンドレアスAndreas(1678‐1734) ゲルリッツ,シュトラスブルク(現,ストラスブール),またパリのA.ティエリーのもとで修業後,シュトラスブルクに定住し,シュトラスブルク大聖堂(3段鍵盤,39個ストップ)をはじめ,コルマール,ロスハイムなどに34台のオルガンを製作した。エーバースミュンスター,マルムティエの修道院のオルガンは,良好な状態で現存する彼の代表作とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジルバーマンの言及

【オルガン】より

…南ドイツでは,イタリアのフレスコバルディの影響とフランス音楽の影響のもとに,J.J.フローベルガー,ケルルJ.K.Kerll(1627‐93),ムファットG.Muffat(1653‐1704)らが活躍した。楽器製作では,ジルバーマン一族が傑出した業績を残した。北ドイツでは,シュニットガーArp Schnitgerが,ニーホフから約1世紀後の17世紀後半に,ハンブルク様式とよばれる当時最大の五つのパイプ群から成るオルガンを世に出し,バロック・オルガンの総合を成しとげた。…

※「ジルバーマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジルバーマンの関連キーワードシャイトシュニットガーハモンド・オルガンクラビーアパイプオルガン白鍵ムッファートリュッケルス気鳴鍵盤楽器電鳴鍵盤楽器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone