ジルバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジルバ

ジターバッグ jitterbugのなまりで,日本独自の呼称。 1930年代にアメリカで流行した踊りの一形式で,4分の4拍子系の速いテンポにのってスイングやリフトを行う社交ダンスチャールストン,ブラック・ボトム,シャグなどの種類がある。日本では第2次世界大戦後盛んになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジルバ

ジターバグjitterbug〉が日本語化されたもの。米国で1930年代に流行した,急速なテンポのスイング・ジャズで,アクロバティックな要素もある踊り。決まった形はない。日本では第2次大戦後,社交ダンスとして盛んになった。
→関連項目社交ダンス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジルバ

〈ジターバグjitterbug〉が日本語化したもの。ジターバグはアメリカで大不況時代以降,10代の少年少女の間で流行した活発な踊りで,1920年代のチャールストンに続いて30年代の風俗を象徴する。音楽にはアップ・テンポのスイング・ジャズを用い,男女が対になるが,ステップにはほとんどきまりがなく,トンボ返りやスプリット(大股開き)などアクロバット的な動きも取り入れて自由に踊った。リンディ・ホップlindy hopと呼ばれるダンスもほぼこれと同じだが,いっそうアクロバット的な傾向が強い(ジターバグとリンディ・ホップを地域による呼称の違いとする説もある)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジルバ

〔jitterbug の転〕
社交ダンスの一。スイングジャズに合わせて、向かい合った男女が速いテンポで陽気に踊るもの。ジタバグ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジルバ
じるば

アメリカ合衆国で生まれた若者向きのダンスの一種ジタバグjitterbugのこと。ジタバグはアメリカ南部よりおこり、1910年代ごろにはニューヨークのハーレムの黒人たちによって盛んに踊られた。そして第二次世界大戦の間に、アメリカ兵によって世界中に広められ、日本にも戦後紹介されたが、その際に日本語化されてジルバとなったもの。踊り手は2人が組み合わないで、4分の4拍子のフォックス・トロット、スイング、ジャイブ、ジャンプなどのシンコペーションを含む音楽にあわせて踊る。型にはまらない、アクロバット風な激しい踊り方が特徴的であるが、のちにはより形式的な社交ダンスと化した。jitterは神経質に体を震わせること。bugは虫という意味で、ジタバグは元来「酔っぱらい」の意のスラングであった。[由比邦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ジルバ

〘名〙 (jitterbug から) ダンス曲の一つ。アメリカ南部にはじまった四分の四拍子の速いリズムの曲で、男女が組み合わないで熱っぽく踊る。日本には、第二次世界大戦直後に紹介された。
※満月(1947)〈舟橋聖一〉山の舞踏場「踊ってゐるのは、十組ほどで、ヂルバーをしてゐるのが、二組ほどだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のジルバの言及

【社交ダンス】より

…ペレス・プラードが編曲し発表した〈マンボ〉は1940年代末から流行し,50年代には〈チャチャチャ〉が世界的に歓迎された。同じころジャズのリズムはジルバを生み,ブギウギの曲で踊られ,第2次大戦中イギリス,フランスに上陸したアメリカ兵によって広められた。イギリスではジルバから〈ジャイブjive〉を生んだ。…

※「ジルバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジルバの関連情報