コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四拍子 しびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四拍子
しびょうし

能楽に用いられる笛 (→能管 ) ,小鼓大鼓太鼓の4種の楽器総称。演奏者は囃子方といい,1つの楽器を1人でつとめる。それぞれ笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方という専門の役籍として固定され,各役籍に流派がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【四拍子】

囃子(はやし)に用いる、笛・小鼓(こつづみ)・大鼓(おおつづみ)・太鼓(たいこ)の4種の楽器。また、その演奏者。長唄などの囃子でもいう。
音楽で、四つの拍(はく)を一つの単位とする拍子。ふつう、強・弱・中強・弱の配置をとる。よんびょうし。

よん‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【四拍子】

しびょうし(四拍子)2」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

四拍子【しびょうし】

日本音楽用語。小鼓大鼓(おおつづみ),太鼓,笛(能管)の4種の楽器の総称。能楽およびそれを受け継いだ歌舞伎囃子(ばやし)でいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しびょうし【四拍子】

能,狂言の用語。伴奏楽器の笛(能管),小鼓,大鼓,太鼓の4楽器の総称。その演奏者を意味する場合もある。なお,曲によっては太鼓の加わらない編成となるが,それを〈三拍子〉とは呼ばない。また,雅楽演奏のとき,4小節を1句とし,1句ごとに太鼓を打ってリズムをとることを四拍子(よびようし)と呼ぶ。【松本 雍】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しびょうし【四拍子】

能楽で、囃子はやしに使われる小鼓こつづみ・大鼓おおつづみ・太鼓たいこ・能管の四種の楽器。また、その演奏家。
よんびょうし(四拍子) 」に同じ。

よんびょうし【四拍子】

一小節が四拍よりなる拍子。強弱は、強・弱・中強・弱の配置になる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四拍子の言及

【歌舞伎】より

… 下り端(さがりは)時代狂言の荘重な場面の幕明きや人物の出入りに用いる囃子。四拍子(能管,小鼓,大鼓,太鼓)によって打ち囃す。能の囃子を襲用したもの。…

【囃子】より

…なお,各地の祭り歌や民謡につく囃子詞も呪的内容を秘めたものが多い。祭囃子【三隅 治雄】
[能,狂言]
 笛(能管),小鼓,大鼓,太鼓の4種の楽器(四拍子(しびようし))で構成され,声楽部である(うたい)や動作部である所作とならぶ重要な表現要素である。各楽器とも専門の演奏者が奏し,他の楽器を兼ねることはない(囃子方)。…

【囃子方】より

…能と歌舞伎で用いられる。 能の囃子方は四拍子(しびようし)とも称し,笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方で構成され,各楽器とも分業制度が守られ,他楽器を兼ねることはない。それぞれの楽器には流派がある。…

【拍子】より

…まず打楽器類に笏(しやく)拍子,銅拍子,大拍子(だいびようし),拍子木,拍子盤などがあり,笏拍子は単に拍子とのみ称されることが多い。また能楽で使用される4種の楽器,笛(能管),大鼓(おおつづみ),小鼓,太鼓(締太鼓)を四拍子(しびようし)という。ここに管楽器の笛が含まれているのは,その音楽構造に占めるリズム面の重要性の反映ともいえ,決して不自然な用語ではない。…

【四拍子】より

…なお,曲によっては太鼓の加わらない編成となるが,それを〈三拍子〉とは呼ばない。また,雅楽演奏のとき,4小節を1句とし,1句ごとに太鼓を打ってリズムをとることを四拍子(よびようし)と呼ぶ。【松本 雍】。…

※「四拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四拍子の関連キーワードディキシーランド・ジャズフォックストロットクイックステップチャールストン鳴り物・鳴物エイトビートユーロビートツービート石井 一斎アルマンドオフビートギャロップブルース囃子・囃リール演奏家鳴り物早拍子三の鼓胡飲酒

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四拍子の関連情報