コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジルベルト

百科事典マイペディアの解説

ジルベルト

ブラジルのギター奏者,歌手。バイーア州ジュアゼイロの出身。1949年デビュー。1958年以降A.C.ジョビンらの曲を独創的なスタイルのギターと歌で演奏し,ボサノバのスタイルを決定的に確立し,1960年代にかけて米国のジャズ・テナー・サックス奏者S.ゲッツと共演,ボサノバ・ブームの中心にいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジルベルト
じるべると
Joo Gilberto
(1931― )

ブラジルの歌手、ギタリスト。北東部バイア州内陸のジョアゼイロで生まれる。アントニオ・カルロス・ジョビンとともにボサ・ノバの代名詞的存在。ジョビンが作・編曲でボサ・ノバを代表するとすれば、ジルベルトのボサ・ノバは声とギターの卓抜なテクニックとリズム感、味わいにおいて特筆され、ジョビンの曲も数多く歌ってもいる。声質や唱法は彼独自のもので、彼の登場時のブラジル音楽の文脈のなかでも非常に革命的だったが、その後その存在感は他の追随を許さない。一方で、サンバのパーカッション群のパートをギター1本で弾くことを可能にした奏法も編み出し、これはメソッド化され、その後のブラジルのギタリストに大きな影響を与えた。
 1958年、エリゼッチ・カルドーゾのアルバム『カンソン・ジ・アモール・ジマイス』にギタリストとして参加、その新しい演奏スタイルで注目される。その後に発売されたアルバム『シェガ・ジ・サウダージ』(1959)、『オ・アモール、オ・ソリーソ、イ・ア・フロール』(1960)、『ジョアン・ジルベルト』(1961)で一気にボサ・ノバのスタイルを完成させ、高い評価を得た。この3枚のアルバムからのベスト盤は61年にはアメリカ合衆国でも発売される。ブラジル音楽に注目していたアメリカのミュージシャンや音楽産業のなかでも、ジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツがいちはやくボサ・ノバに着目し、ギタリストのチャーリー・バードCharlie Byrd(1925―99)と組んで『ジャズ・サンバ』(1962)を発表する。このアルバムおよび「デサフィナード」などのシングル・カット曲が大ヒットして、同年ジルベルトはカーネギー・ホールに招かれ演奏し、翌64年にはゲッツとカーネギー・ホールで録音を行った。このような活動により、ボサ・ノバはアメリカを経由して世界中に広がっていくことになる。しかし一方で、天才肌のジルベルトはコンサートをすっぽかしたり、放浪の旅に出てしまったりとショー・ビジネスの慣習には背を向けていた。63年アメリカでのゲッツらとの録音の後、73年までディスコグラフィーが空白となるのはそのためだが、放浪先のメキシコで録音し、それ以外のデータが不詳な、ボレロの名曲をボサ・ノバ仕立てにした録音が新たに発見されたこともあった。
 その後、同郷の後輩カエターノ・ベローゾらとの『ブラジル』(1981)、モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブ盤(1986)なども発表しているが、寡作なうえにコンサートもほとんど行わなかった。また、ボサ・ノバの「聖典」といってもいい『シェガ・ジ・サウダージ』『オ・アモール、オ・ソリーソ、イ・ア・フロール』『ジョアン・ジルベルト』は90年前後に1枚のCDにまとめられ、ブラジル、アメリカ、日本などでも発売されたが、ジルベルトが曲を一部短縮するなどの収録方法にクレームをつけ入手困難な状態となっている。このように、自らその伝説化に拍車をかけながら、その後も思い出したように新しい録音を行いコンサートを開いた。ボサ・ノバ・シンガー、アストラッド・ジルベルトAstrud Gilberto(1940― )は元妻。娘のベベウ・ジルベルトBebel Gilberto(1966― )も歌手として活躍する。2003年(平成15)には初来日を果たした。[東 琢磨]
『「特集ボサノヴァ」(『ユリイカ』1998年6月号・青土社) ▽クリス・マッガワン、ヒカルド・ペサーニャ著、武者小路実昭・雨海弘美訳『ブラジリアン・サウンド』(2000・シンコー・ミュージック) ▽ルイ・カストロ著、国安真奈訳『ボサノヴァの歴史』(2001・音楽之友社』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジルベルトの関連キーワードムジカ・ポプラール・ブラジレイラゲッツ(Stan Getz)C.J. リンス・ド・レゴE.D.A. デオダートアストラッド ジルベルトアントーニオ ヤニグロジョアン・ジルベルトワルター ワンダレイルチアーノ ベネトンジョアン ジルベルトジョアン ドナートエミリー レムラーゲッツ/ジルベルト失われた時を求めてアルテ・ポーベラジョン トロペイリンス・ド・レゴトロピカリズモスタン ゲッツシコ ブアルキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジルベルトの関連情報