コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキュラ スキュラSkylla

4件 の用語解説(スキュラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキュラ
Skylla

ギリシア神話の海の怪女。『オデュッセイア』では,カリュブディスとともに,オデュッセウスの帰路の航海を妨げた海の怪物で,足が 12本あり,3列の歯をもった6つの頭をもち,オデュッセウスのすぐれた部下を6人食った。後代の物語 (オウィディウス『変形譚』) では,もと彼女はあどけない美少女で,グラウコスが彼女に恋をしたが,彼女は彼の愛を受入れなかった。ために彼はキルケに,スキュラの心が自分に向くようにしてほしいと頼んだが,グラウコス憎からず思っていたキルケは魔法の薬汁を使って,スキュラを3つの犬の首をもつ恐ろしい姿に変えたといわれる。『オデュッセイア』では,彼女は女神クラタイイスの娘とされているが,父母については諸説があり,父はフォルバスまたは海神フォルキュス,母はヘカテ,あるいは父は怪物テュフォン,母は怪女エキドナともいわれる。のち,彼女はヘラクレスに殺されたが,父親のフォルキュスによって生返ったともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スキュラ

ギリシア伝説の海の女怪。カリュブディスと対をなす。6個の頭,12の足をもち,舟人が近づくと6人ずつひとつかみにして食うという。ホメロス《オデュッセイア》の挿話で有名。
→関連項目セイレン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

スキュラ【Skylla】

ギリシャ神話で、海の洞窟にすむ女の怪物。三列の歯がある六個の頭と一二の足をもち、近づく船の船乗りを一時に六人捕らえて食うといわれた。シラ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のスキュラの言及

【髪】より

…旧約聖書《士師記》のサムソンは髪に怪力の秘密があることを妻デリラに打ち明け,そられて捕らえられたが髪は伸びて再び力を得,3000のペリシテ人が屋根にいる家の柱を倒してともに死んだ。メガラ王ニソスNisosは白髪の中に1本の緋(ひ)色の毛があり,これが強力な統治権を保証していたが,敵将ミノスに恋した娘スキュラSkyllaに切りとられた。釈迦の小相八十種好の一つに〈螺髪は右旋し群青色〉とあって縮毛が威厳をつくっている。…

【グラウコス】より

…オウィディウスの《転身物語》によれば,彼はもとボイオティア地方のアンテドンの漁夫であったが,たまたま口にした薬草のおかげで,上半身は人間,下半身は魚の姿をした海神となった。その後,まだ美少女だったスキュラSkyllaに求愛したものの相手にされなかったため,魔女キルケに助力を請うたところ,彼女はスキュラを海の女怪に変じてしまったという。この話はイギリスの詩人キーツの長詩《エンディミオン》の中でも,海神みずからの口から語られている。…

【タコ(蛸∥章魚)】より

…タコは近づく魚を引き寄せて捕食するので,誘惑者や裏切り者,あるいは悪魔と同一視され,devilfishの名が一般化している。西洋では古くから海の怪物の伝説が存在したが,タコも《オデュッセイア》に語られる12本足と6頭の怪物スキュラSkyllaなどと混同された。さらに19世紀初めに博物学者ドニ・モンフォールPierre Denys‐Montfortは,船を海中に引きずり込むという怪物クラーケンの正体を大ダコと断定し,〈地上で最大の凶暴な生物〉という恐しいイメージを定着させた。…

※「スキュラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スキュラの関連情報