コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スゴカイ Diopatra bilobata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スゴカイ
Diopatra bilobata

環形動物門多毛綱遊在目ナナテイソメ科。体長 40cm内外,体節数約 300。体の前方にあるは鮮赤色で,鰓糸が螺旋状に並んでいる。海藻砂粒貝殻などをつけた棲管の中にすむ。カレイハゼなどの釣餌に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スゴカイ

フクロムシ,スゴカイイソメとも。多毛類ナナテイソメ科の環形動物。体長30〜40cm。体は褐色で前部背面は暗青色を帯び,腹面は淡紅色。体の前方の各環節には樹枝状の大きな鰓(えら)がある。
→関連項目フクロムシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スゴカイ【Diopatra sugokai(Diopatra bilobata)】

多毛綱ナナテイソメ科の環形動物(イラスト)。スゴカイイソメともいう。虫体のすむ管は砂泥中に直立し,貝殻片,海藻やごみなどをつけた管の先を砂上に出している。暖海種で黒潮または対馬暖流の影響下にある海域に分布し,潮間帯から水深20mくらいまでに生息する。フクロムシ,イソベスムシモムシサヤムシなど各地方によりいろいろな別名で呼ばれている。 体長30~40cm,体節数300内外。頭部には2本の前感触手,5本の長い後感触手と前方腹面に1対の太い副感触手がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スゴカイの関連キーワードムツアシガニフクロイソメ磯蚯蚓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android