コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スゴカイ スゴカイDiopatra bilobata

3件 の用語解説(スゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スゴカイ
スゴカイ
Diopatra bilobata

環形動物門多毛綱遊在目ナナテイソメ科。体長 40cm内外,体節数約 300。体の前方にある鰓は鮮赤色で,鰓糸が螺旋状に並んでいる。海藻,砂粒,貝殻などをつけた棲管の中にすむ。カレイ,ハゼなどの釣餌に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スゴカイ

フクロムシ,スゴカイイソメとも。多毛類ナナテイソメ科の環形動物。体長30〜40cm。体は褐色で前部背面は暗青色を帯び,腹面は淡紅色。体の前方の各環節には樹枝状の大きな鰓(えら)がある。
→関連項目フクロムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スゴカイ【Diopatra sugokai(Diopatra bilobata)】

多毛綱ナナテイソメ科の環形動物(イラスト)。スゴカイイソメともいう。虫体のすむ管は砂泥中に直立し,貝殻片,海藻やごみなどをつけた管の先を砂上に出している。暖海種で黒潮または対馬暖流の影響下にある海域に分布し,潮間帯から水深20mくらいまでに生息する。フクロムシイソベスムシモムシサヤムシなど各地方によりいろいろな別名で呼ばれている。 体長30~40cm,体節数300内外。頭部には2本の前感触手,5本の長い後感触手と前方腹面に1対の太い副感触手がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone