コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタルヒン スタルヒンStalkhin,Viktor K.

7件 の用語解説(スタルヒンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタルヒン
スタルヒン
Stalkhin,Viktor K.

[生]1916.5.1. ロシアニジニータギル
[没]1957.1.12. 東京
プロ野球選手。一家はロシア革命で祖国を追われて日本に亡命,北海道旭川市に住む。 1936年読売ジャイアンツ (巨人) に入団。2年目に春秋合わせて 28勝をあげる。快速球を武器に大活躍し,1939年には 42勝 (完投 38) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スタルヒン(Victor Starukhin)

[1916~1957]日本のプロ野球創成期の名投手。ロシアの生まれ。革命に追われ、1917年北海道に移住。巨人軍などで投手として活躍し、通算303勝をあげた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スタルヒン

プロ野球選手。ロシアに生まれ,1925年両親とともに日本へ亡命,北海道で育った。1934年旭川中学を中退し,投手として全日本選抜チームに選ばれ,1936年東京巨人に入団,1939年,1940年に最高殊勲選手。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スタルヒン Starffin, Victor Konstantinovich

1916-1957 昭和時代のプロ野球選手。
1916年5月1日ロシアのウラル県生まれ。ロシア革命に追われ来日。北海道旭川中学3年のとき全日本チームの投手にえらばれ,昭和11年巨人軍入団。戦後は他球団を転々。30年日本初の300勝を達成,同年引退。通算303勝(完封83),防御率2.09。最高殊勲選手2回。戦時中,須田博と改名。昭和32年1月12日交通事故死。40歳。35年野球殿堂入り。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スタルヒン【Victor Konstantinovich Starhin】

1916‐57
日本プロ野球創成期に活躍した白系ロシア人の投手。ロシアのニジニ・タギル生まれ。1934年,アメリカ大リーグ選抜チーム来日のために編成された全日本チームに旭川中学(旧制)から参加。翌35年7球団で日本プロ野球リーグが発足すると,東京巨人軍(現,読売ジャイアンツ)に所属し,沢村栄治川上哲治らとともに巨人の第1期黄金時代を築く。1m91cmの長身から投げ下ろす剛速球で,入団2年目の37年には早くも23勝をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スタルヒン【Victor Stalkhin】

1916~1957) 日本のプロ野球選手。ロシア生まれ。ロシア革命に遭い、三歳で来日。1936年(昭和11)から50年にかけて速球投手として活躍。はじめて通算三〇〇勝を超えた投手となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタルヒン
すたるひん
Victor Stalkhin
(1916―1957)

プロ野球選手(投手:右投右打)。5月1日、帝政ロシアのウラルに生まれる。ロシア革命に追われて3歳のとき両親とともに来日。北海道の旭川(あさひかわ)中学3年在学中の1934年(昭和9)秋にアメリカ大リーグ選抜チームが来日し、選ばれて全日本チームの投手となる。その後、全日本チームが東京巨人(現、読売ジャイアンツ)となり巨人選手となる。1936年から投手として活躍。沢村栄治投手の応召(1938)ののちは巨人のエースとして1939年、1940年の両年最高殊勲選手(現、最優秀選手)となった。第二次世界大戦後は6球団に所属し、1955年初の300勝投手となった。同年引退。1957年1月自動車事故で死去。戦時中は須田博と改名させられていた。1939年の1シーズン42勝の記録は、西鉄の稲尾和久(かずひさ)投手が1961年にタイ記録を出したが、通算最多完封記録83はプロ野球記録(2015年時点)である。1984年旭川市は改築した市営野球場を旭川スタルヒン球場として開場した。[神田順治・森岡 浩]
 実働19年間の通算成績は、登板試合586、投球回4175と3分の1、303勝176敗、防御率2.09、奪三振1960、完投350、完封83。獲得したおもなタイトルは、最多勝利6回、最高勝率2回、最優秀防御率1回、最多奪三振2回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)2回、ベストナイン1回。1960年(昭和35)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部・森岡 浩]
『N・スタルヒン著『白球に栄光と夢をのせて』(1979・ベースボール・マガジン社) ▽N・スタルヒン著『ロシアから来たエース』(1986・PHP研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スタルヒンの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説フランツイリゴージェンオスメーニャ佐々木隆興芥川竜之介岩本栄之助エッケルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタルヒンの関連情報