スタージ・ウェーバー症候群(読み)すたーじうぇーばーしょうこうぐん(英語表記)Sturge-Weber Syndrome

家庭医学館の解説

すたーじうぇーばーしょうこうぐん【スタージ・ウェーバー症候群 Sturge-Weber Syndrome】

[どんな病気か]
 頭蓋(ずがい)の中に血管腫(けっかんしゅ)があるとさまざまの神経症状が現われますが、とくに、①顔面に血管腫ができる、②目の脈絡膜(みゃくらくまく)に血管腫ができ緑内障(りょくないしょう)になる、③脳内に血管腫ができて神経症状が現われる、の3症状があるものをこの病名で呼びます。
 顔面に血管腫がある場合は、専門医の診察を受けることをお勧めします。
[治療]
 てんかん発作(ほっさ)、まひ、精神発達遅滞などがおこります。薬物治療によって、けいれん発作を抑えます。また、眼圧を検査するため、定期的な眼科検診も必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android