スティルポン(英語表記)Stilpōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティルポン
Stilpōn

[生]前380頃
[没]前300頃
ギリシアの哲学者。メガラ派 3代目学頭。ストアのゼノンは彼の弟子。メガラ派の一元論に拠ってプラトンのイデア説に反対。また善の認識に無関係なものすべてへの完全な無関心を主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティルポン
すてぃるぽん
Stilpn
(前380ころ―前300ころ)

古代ギリシアのメガラ学派の哲学者。彼の時代にメガラ学派はギリシア全土に広まった。論争に巧みで、普遍を廃棄して個体こそ実在とする観点から、プラトンのイデア論批判を試みた。「人間が存在する」という場合の人間は特定の個体を意味していないのだから、人間のイデアは空虚である。逆に、野菜がイデアとして1万年前からも存在していれば、眼前の野菜は野菜でなくなってしまう。こうして普遍を廃した結果、同一性命題以外の「その人は色白である」というような述語付けも誤りとした。こうしたなかにメガラ学派の一元論が現れている。[山本 巍]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスティルポンの言及

【メガラ学派】より

…数学を重んじ,弁証法,論理学の発達に貢献した。特に弁論に長じていたので,この派の人々は〈弁証家〉〈争論家〉と呼ばれ,エウブリデスEuboulidēs,ディオドロス・クロノスDiodōros Kronos,スティルポンStilpōnといった哲学者の名が知られている。ストア学派はこの学派から理論的支柱を得ている。…

※「スティルポン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android