コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステライト Stellite

百科事典マイペディアの解説

ステライト

コバルト40〜55%,クロム15〜35%,タングステン10〜20%,炭素2〜4%,鉄5%以下を主成分とする超硬合金。かたく耐摩耗性にすぐれ,工具,弁座などに使用されるほか,耐熱合金としても重要。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステライト【stellite】

コバルト,クロム,タングステンを主体とした合金。アメリカのハイネスElwood Haynes(1857‐1925)が発明。その成分はコバルト40~55%,クロム15~35%,タングステン10~20%,炭素2~4%,鉄5%以下,マンガンおよびケイ素1%以下で,バナジウムを加えたものやタングステンの代りにモリブデンを加えたものなど,成分のやや違う一連の合金がある。一般に,きわめて硬く,耐摩耗性があり,耐食性もよく,高温強さも高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ステライト【Stellite】

コバルトを主成分とし、クロム・タングステンなどを含有する高硬度合金。耐摩耗性・耐食性・耐熱性にすぐれる。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ステライトの関連キーワード角閃石ホルンフェルス相カンラン石(橄欖石)フォルステライトセラミック顔料鉄鋼表面硬化法E. ヘインズヒューマイトコバルト合金耐火れんが苦土橄欖石滑石磁器ヘインズ表面硬化耐熱性耐火物橄欖石蛇灰岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android