ステライト(英語表記)Stellite

百科事典マイペディアの解説

ステライト

コバルト40〜55%,クロム15〜35%,タングステン10〜20%,炭素2〜4%,鉄5%以下を主成分とする超硬合金。かたく耐摩耗性にすぐれ,工具,弁座などに使用されるほか,耐熱合金としても重要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステライト【stellite】

コバルト,クロム,タングステンを主体とした合金。アメリカのハイネスElwood Haynes(1857‐1925)が発明。その成分はコバルト40~55%,クロム15~35%,タングステン10~20%,炭素2~4%,鉄5%以下,マンガンおよびケイ素1%以下で,バナジウムを加えたものやタングステンの代りにモリブデンを加えたものなど,成分のやや違う一連の合金がある。一般に,きわめて硬く,耐摩耗性があり,耐食性もよく,高温強さも高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ステライト【Stellite】

コバルトを主成分とし、クロム・タングステンなどを含有する高硬度合金。耐摩耗性・耐食性・耐熱性にすぐれる。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android