コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストゥントレン Stoeng Tréng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストゥントレン
Stoeng Tréng

別綴 Stung Treng。カンボジア北東部の町。首都プノンペンの北北東約 250km,メコン川の東岸にあり,コン,サン両川がメコン川に合流する地点に位置する。林業地帯の中心地で,周辺の低い山地から切出される木材の集散や製材が行われる。ベトナムのホーチミン市から北上してカンボジアに入りラオスに通じる道路に沿う。人口約 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ストゥン‐トレン(Stung Treng)

カンボジア北東部、ストゥントレン州の都市。同州の州都。ラオス国境まで約40キロメートルの場所に位置し、メコン川が流れる。もとはクメール王朝の領土だったが、ラオ族のランサン王朝、続いてチャンパーサック王国に編入され、20世紀初頭にフランス領カンボジアとして復帰。住民の多くがラオ語を話す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ストゥントレンの関連キーワードビンディン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストゥントレンの関連情報