コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパルテイン

百科事典マイペディアの解説

スパルテイン

化学式はC15H26N2。マメ科植物エニシダなどに含まれるアルカロイド。硫酸塩は白色結晶または結晶性粉末,無臭苦味で強心薬子宮収縮薬として用いる。
→関連項目止血薬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のスパルテインの言及

【エニシダ(金雀枝)】より

… またエニシダ属Cytisusは数十種以上がヨーロッパを中心に分化した属で,欧米での庭園花木として重視され,交配や選抜による品種改良が進められ,多くの園芸品種が育成されている。若枝・葉には強心作用をもつスパルテインsparteineが含まれ,有毒であるが,これを煎じて解熱剤に用いる。【大橋 広好】
[伝説]
 エニシダはラテン語でゲニスタgenistaと呼ばれる。…

※「スパルテイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android