コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパークリングワイン sparkling wine

翻訳|sparkling wine

百科事典マイペディアの解説

スパークリングワイン

発泡性のワイン。代表的なものはシャンパンであるが,フランスではシャンパーニュ地方産で一定の規格に合致したものしかシャンパンの呼称は許されず,それ以外の発泡酒はバンムスーvin mousseuxと呼ばれる。
→関連項目キール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

スパークリングワイン

 発泡酒ともいわれる.シャンパンのように炭酸ガスを含むワイン.シャンパンはフランスの特定の地方の産物にのみ使われる名称のスパークリングワイン.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スパークリングワイン【sparkling wine】

〔スパークリングは「発泡性」の意〕
液中に炭酸ガスを含むワイン。白ワインに糖分を加え再発酵させ、発生した炭酸ガスをワインに保有させて密封する。シャンパンがその代表。人工的に炭酸ガスを吹き込んでつくる方法もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

スパークリングワイン【sparkling wine】


炭酸ガスを含んだ発泡性のワイン。一般的なワインと同様にぶどうを発酵(一次発酵)させた後、そこに糖分と酵母を加えて二次発酵させ、生成する炭酸ガスを封じ込めて発泡性をもたせたもの。一般的な「スティルワイン」に対していう。製法には、(1)二次発酵を瓶詰めしてから瓶内で行う方法、(2)二次発酵を大きなタンクに密閉して行う方法がある。(1)は「シャンパーニュ方式」と呼ばれる製法を用いるフランスのシャンパンが代表的で、いったん栓をして、二次発酵を行い、発酵後、澱(おり)をボトルの口元に集めて凍らせ、抜栓して1本ずつ澱を除き、減った分量を補い甘みを調節するためのリキュールを加えて再び栓をするなど、非常に手間がかかるため、高価なものが多い。フランスのクレマン、スペインのカバなども同様の製法を用いる。(2)は(1)ほどの手間はかからず、またほとんど空気に触れずに発酵を行えるため、果実味やフレッシュな香味を楽しむタイプのものに向く。フランスのジャン・H・シャルマが考案し、「シャルマ方式」と呼ばれる。イタリアのアスティなどが代表的。このほか、(3)タンク内に密閉して、または瓶詰め後に炭酸ガスを注入して溶かし込む方法、(4)一時発酵中に瓶詰めを行い、糖分を補っての二次発酵は行わずにぶどうの糖分だけでアルコールを生成させる方法がある。(3)は安価な量産品に用いることが多い。(4)はアルコール度数が低く、味わいも軽めのものとなる。◇フランスではバンムスー(vin mousseux)、イタリアではスプマンテ(spumante)、スペインではエスプモーソ(espumoso)、ドイツ語圏ではシャウムバイン(Schaumwein)という。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のスパークリングワインの言及

【シャンパン】より

…成分中のアルコール分は13%前後。発泡性ブドウ酒は英語ではスパークリングワインと呼ばれ,高圧(3.5~6気圧),中圧(2.5気圧以上),低圧(2気圧以下)のものがあり,フランスのほかドイツ,イタリア,スペイン,ポルトガルその他でつくられている。フランスではバンムスーvin mousseuxと呼び,シャンパンの名称を使用することができるのは,シャンパーニュ地方の一定の地域のもので,原料ブドウの品種,収穫量,搾汁収量,瓶内発酵などについての規制に合致する高圧のものに限られている。…

※「スパークリングワイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スパークリングワインの関連キーワードスパークリングワイン/スティルワインシャンパンとスパークリングワインドメインシャンドンワイナリーリシャール ジェフロワドメーヌシャンドンニッカ シードルシャンパングラススペインワインカクテリッシュロゼワイン加藤千暁ベリーニサワー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スパークリングワインの関連情報