コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘンデル Schendel, Arthur (-François-Émile) van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スヘンデル
Schendel, Arthur (-François-Émile) van

[生]1874.3.5. バタビア(現ジャカルタ)
[没]1946.9.11. アムステルダム
オランダの小説家。新ロマン派の代表者。中学校の英語教師の資格をとり,一時イギリスで教職につき,その後作家生活に入る。イタリアに数年間滞在。オランダ文壇の自然主義的傾向のなかで,中世イタリアを舞台に青年貴族の運命を扱った処女作『ドロゴン』 Drogon (1896) で一躍認められた。次作『放浪者の恋』 Een Zwerver verliefd (1904) や『迷える放浪者』 Een Zwerver verdwaald (07) も同じように中世を描いた作品。その後,オランダ人の生活および運命を克明に追求した一連の小説を発表。そのうち『3本マストのヨハンナ・マリア号』 Het Fregatschip Johanna Maria (30) は,汽船が登場した時代の帆船の運命を描いたもので,傑作と認められる。ほかに,『水夫』 De Waterman (33) ,『オランダのドラマ』 Een Hollandsch drama (35) などがあり,晩年には幻想的な作品を書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スヘンデル
すへんでる
Arthur Franois mile van Schendel
(1874―1946)

オランダの小説家。新ロマン主義の第一人者。ジャカルタ生まれ。英語教師としてイギリスやイタリアに住む。中世イタリアを舞台に青年貴族の運命を描いたデビュー作『ドロゴン』(1896)、『恋をしたさすらい人』(1904)、『迷えるさすらい人』(1907)など、いずれも中世を描いた前期のロマンティックな作品から、後期のオランダを舞台とする小説、19世紀の小市民的精神に貫かれた生活を描く『オランダの悲劇』(1935)、『裕福な男』(1936)、『薄明の島』(1937)に至るまで一貫するテーマは宿命観である。『フリゲート艦ヨハンナ・マリヤ』(1930)では、軍艦の一生を描いた。[近藤紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スヘンデルの関連キーワードオランダ文学MVRDV3月5日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android