コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘンデル スヘンデル Schendel, Arthur (-François-Émile) van

2件 の用語解説(スヘンデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スヘンデル
スヘンデル
Schendel, Arthur (-François-Émile) van

[生]1874.3.5. バタビア(現ジャカルタ)
[没]1946.9.11. アムステルダム
オランダの小説家。新ロマン派の代表者。中学校の英語教師の資格をとり,一時イギリスで教職につき,その後作家生活に入る。イタリアに数年間滞在。オランダ文壇の自然主義的傾向のなかで,中世イタリアを舞台に青年貴族の運命を扱った処女作『ドロゴン』 Drogon (1896) で一躍認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スヘンデル
すへんでる
Arthur Franois mile van Schendel
(1874―1946)

オランダの小説家。新ロマン主義第一人者。ジャカルタ生まれ。英語教師としてイギリスやイタリアに住む。中世イタリアを舞台に青年貴族の運命を描いたデビュー作『ドロゴン』(1896)、『恋をしたさすらい人』(1904)、『迷えるさすらい人』(1907)など、いずれも中世を描いた前期のロマンティックな作品から、後期のオランダを舞台とする小説、19世紀の小市民的精神に貫かれた生活を描く『オランダの悲劇』(1935)、『裕福な男』(1936)、『薄明の島』(1937)に至るまで一貫するテーマは宿命観である。『フリゲート艦ヨハンナ・マリヤ』(1930)では、軍艦の一生を描いた。[近藤紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スヘンデルの関連キーワード官板バタビヤ新聞バタビア共和国現じる旅商人バタビアバタビア新聞オールドバタビアカンファイスバタビア城日誌バタビア・ペトロリアム[会社]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone