コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペアミント スペアミント spearmint

翻訳|spearmint

6件 の用語解説(スペアミントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スペアミント(spearmint)

シソ科の多年草ヨーロッパの原産。葉から芳香のある精油が採れ、料理や菓子の香料とする。緑薄荷(みどりはっか)。オランダ薄荷。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スペアミント

ハッカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

スペアミント

 [Mentha spicata].シソ目シソ科ハッカ属に属する.セイヨウハッカともいう.葉からとる精油を香料として用いる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スペアミント【spearmint】

和名ミドリハッカ。オランダハッカともいう。中央ヨーロッパ原産のシソ科の多年草で,M.longifolia L.とM.rotundifolia L.との雑種起源と考えられている。同じくミントの仲間であるペパーミントに似るが,葉には目だった葉柄がなく,茎にじかに葉身がついている点が異なる。茎は30~60cm,茎も葉も緑色が濃く,葉が大きい。夏から秋にかけて,茎の先に淡紫色の小さい花が5~10cmの穂になって咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スペアミント【spearmint】

シソ科の多年草。葉から採った精油には甘い芳香があり、菓子・料理の香料とする。ミドリハッカ。オランダハッカ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペアミント
すぺあみんと
spearmint

ハッカの1種。ハッカは種類が多いが、香辛料として使われるのはスペアミントペパーミントの葉である。日本のハッカより香りが高く、やや甘い感じが強い。ラムやマトンの料理、肉や魚のスープのほかに、カクテルゼリーにも用いられる。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペアミントの関連キーワードきっかと根っから葉っから薄荷糖悪玉ハッカー善玉ハッカーブラックハットハッカーホワイトハットハッカーハッカーと蟻ハッカはっか油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スペアミントの関連情報