コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポット測光 スポットソッコウ

2件 の用語解説(スポット測光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スポット‐そっこう〔‐ソククワウ〕【スポット測光】

spot meteringTTL測光の一。画面の中央部または任意のごく狭い部分を測光する方式。通常、面積で2パーセント視角で1~2度程度の範囲に限定して測光する。極端な逆光でのポートレートや、明暗差が著しい被写体の撮影で使用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

スポット測光

 一眼レフカメラなどの測光モードの一つ。被写体のごく狭い一部分(画面の2~3%程度)の明るさを測る方式で、部分的な明るさを確実に測れる。明暗差の大きい被写体の明部・暗部それぞれを測って適正露出を決めたりする時などに使う。 → 中央重点測光部分測光分割測光

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

スポット測光の関連キーワードレフレックスカメラコンパクトデジタルカメラ三十五ミリ深度優先AETTL測光デジタル一眼レフカメラバヨネットDGレンズEFレンズデジタル対応レンズ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポット測光の関連情報