コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポット測光 スポットソッコウ

デジタル大辞泉の解説

スポット‐そっこう〔‐ソククワウ〕【スポット測光】

spot meteringTTL測光の一。画面の中央部または任意のごく狭い部分を測光する方式。通常、面積で2パーセント、視角で1~2度程度の範囲に限定して測光する。極端な逆光でのポートレートや、明暗差が著しい被写体の撮影で使用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

スポット測光

 一眼レフカメラなどの測光モードの一つ。被写体のごく狭い一部分(画面の2~3%程度)の明るさを測る方式で、部分的な明るさを確実に測れる。明暗差の大きい被写体の明部・暗部それぞれを測って適正露出を決めたりする時などに使う。 → 中央重点測光部分測光分割測光

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

スポット測光の関連キーワード多分割測光測光方式

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android