コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポラデス諸島(読み)スポラデスしょとう(英語表記)Sporádhes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポラデス諸島
スポラデスしょとう
Sporádhes

ギリシア,エーゲ海にある島群。スポラデス (ギリシア語で「散在する」の意) の名が示すように,広義には,エーゲ海南部に比較的まとまって位置するキクラデス諸島に対し,エーゲ海に散在するそれ以外の島々 (バルカン,小アジア両半島に近接する島は除く) の総称であるが,狭義には,北西部,エビア島北東沖に連なる北スポラデス諸島 (スキロス,スキアソス,スコペロス,アロニソス,キラパナイア) と,南東部,小アジア半島西岸沖に連なる南スポラデス諸島 (サモス,イカリア,ドデカニソス諸島) をさす。古代にはキクラデス諸島南部の比較的散在するミロス,フォレガンドロス,シキノス,シラ,アナフィの島々も含めて呼ぶこともあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スポラデス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【スポラデス諸島】

SporadesΣποράδες》ギリシャ、エーゲ海にある諸島。北スポラデス諸島と南スポラデス諸島に分けられ、後者は現在ドデカネス諸島と呼ばれる。北スポラデスはエーゲ海北部のトラキアスポラデス(リムノス島、タソス島サモトラキ島など)とテッサリアスポラデス(スコペロス島スキアトス島スキロス島アロニソス島など)に分けられ、一般的には北スポラデスの中でも南側に位置するテッサリアスポラデスが狭義のスポラデス諸島と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポラデス諸島
すぽらですしょとう
Spordhes

ギリシア東部、エーゲ海にある島々。北スポラデス諸島と南スポラデス諸島からなる。スポラデスとは「散在する島々」の意で、古代には一般にエーゲ海上の島嶼(とうしょ)をさした。北スポラデス諸島には、トラキア・スポラデス(イムロス、サモトラキ、タソス、リムノス、聖エフストラティオスおよび周辺の島々)と、テッサリア・スポラデス(狭義のスポラデスで、エビア半島北東のスキアソス、スコペロス、ペリステリ、スカンズーラ、スキロスなどの各島)が含まれる。南スポラデス諸島は、西スポラデス(イドラ、スペッツア、ポロスなどの各島)、東スポラデス(ドデカネス諸島を除く小アジア近くの島々)、およびドデカネス諸島からなる。オリーブ油、ワイン、果樹栽培、漁業、ヒツジとヤギの放牧が産業の中心をなす。狭義のスポラデス諸島の中心はスキロス島で、大理石の産地として知られる。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android