コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレサイシン スミレサイシンViola vaginata

3件 の用語解説(スミレサイシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミレサイシン
スミレサイシン
Viola vaginata

スミレ科の多年草で日本に特産する。本州の中北部から北海道南部にかけての日本海側に分布し,太平洋側にあるナガバノスミレサイシンと対応関係にある。山地の木陰や林床に生える。茎はすべて地下茎となり,長く横にはう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スミレサイシン

スミレ科の多年草。北海道,本州の主に日本海側の山地の樹下にはえる。根茎は太くて節が多く,根出葉は円心形で長さ5〜10cm,やや厚く毛はない。4〜6月,高さ10〜15cmの花柄を出し,大型で淡紫色の花を開く。
→関連項目スミレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミレサイシン
すみれさいしん / 菫細辛
[学]Viola vaginata Maxim.

スミレ科の多年草。根茎は横にはい、分岐するものが多く、太く、密に節があり、節からやや太い根を下ろす。地上茎はなく、少数の葉が花より遅れて伸びる。葉身は普通は花の初めには巻いているが、のちに開き、三角状広披針(こうひしん)形、基部は心臓形で先端は急に細くとがる。長さ5~10センチメートル、幅3~5センチメートルになるが、果実期にはさらに大きくなる。5月、高さ10センチメートルほどの柄の上に径2.5センチメートル以上になる淡紫色の花を横向きに開く。側弁内部は無毛で、下弁の距(きょ)は半円形で長さ4~5ミリメートルで太い。択捉(えとろふ)島、北海道南部、本州(おもに日本海側)の多雪地方の林下に生える。[橋本 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスミレサイシンの言及

【スミレ】より

…エイザンスミレに似て葉がずっと細かく裂け,花は白色のヒゴスミレV.chaerophylloides (Regel) f.sieboldiana (Maxim.) F.Maek.et Hashimotoは,東アジアの温帯,日本では本州から九州までの日当りのよい山地に生える。スミレサイシンV.vaginata Maxim.(イラスト)は地下茎が太く,横にはい,分岐し,節が密にある。托葉は葉柄から離生し,鱗片状。…

※「スミレサイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone