スルファミン(英語表記)sulfamine

百科事典マイペディアの解説

スルファミン

p‐アミノベンゼンスルホンアミドとも。分子式H2NC6H4SO2NH2。白色結晶または粉末,無臭。サルファ剤の母体。1908年に合成され,1935年プロントジルと同様の効力を有することが発見された。以後,連鎖球菌ブドウ球菌,淋(りん)菌の各種感染症の治療剤として頻(ひん)用されたが,副作用が強い等の理由により現在ではほとんど用いない。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のスルファミンの言及

【サルファ剤】より

…スルホンアミド剤,スルファミン剤ともいう。スルファミン(パラアミノベンゾイルスルホンアミド)の置換体とみなされる一群の医薬の総称。…

※「スルファミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報