コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズールーランド Zululand

翻訳|Zululand

世界大百科事典 第2版の解説

ズールーランド【Zululand】

南アフリカ共和国東部にあったバントゥースタンの一つ。現在は旧ナタール州といっしょになってクワズールー・ナタール州を形成している。バントゥースタンとしての呼名はクワズールーKwazulu。面積3万1443km2,人口210万6000(1970)。東はインド洋にのぞみ,北西はスワジランド,北はモザンビークに接する。住民の大部分はズールー族で,ズールー族はかつて現在のズールーランドよりはるかに広大な地域を占めるズールー王国をつくりあげた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズールーランド

クワズールー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズールーランド
ずーるーらんど
Zululand

南アフリカ共和国東端、旧ナタール州(現クワズールー・ナタール州)北東部にあった黒人自治区(ホームランド)。バントゥー系ズールー人の居住地域であった。1993年暫定憲法成立により、クワズールー・ナタール州に組み込まれた。東はインド洋に臨み、北はモザンビークとスワジランドに接し、南はトゥゲラ川に至る。面積2万6836平方キロメートル、1981年時点の人口342万2140、うち黒人は340万9000であった。中心地はエショウェ。肥沃(ひよく)な海岸平野が広がり、暖流の影響で亜熱帯植物が育ち、シュロ林が多い。サトウキビ栽培と牧畜が行われる。19世紀初、ズールーの王シャカによって築かれたズールー王国の地で、かつては、はるかに広大な領土をもっていた。1838年、ブーア人(オランダ系移民)との戦いに敗れてから領土を奪われ始め、79年、いわゆるズールー戦争によってイギリス軍に侵略を受け、87年には正式にイギリス領となり、97年にナタール植民地に併合された。1959年に制定されたバントゥー自治促進法によってズールー人の自治区となった。ズールー人の復権とホームランド制度に反対するインカタ運動の拠点となっていた。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のズールーランドの言及

【ズールー族】より

…牛を飼育しながら南方に移動し,10~14世紀に南アフリカに達したといわれる。 ズールー族の住む地域はズールーランドと呼ばれたが,ズールー族は19世紀初めのシャカ王の時代に強力な軍事力によってズールー王国を形成した。1830年代にケープ植民地のボーア人たちがイギリスの支配に反発して北方への大移動(グレート・トレック)を開始した結果,ズールー族と衝突し,1838年の血の河の戦でズールー王国は手痛い敗北を被った。…

※「ズールーランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ズールーランドの関連キーワードシュルシュルウエウンフォロージ公園ヌコサザナ・ドラミニ ズマパカリタ モシシリM.G. ブテレジシェプストーンローベングラムチャーリブテレジクネーネ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android