コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セストラム Cestrum

大辞林 第三版の解説

セストラム【Cestrum】

ナス科キチョウジ属の常緑低木。熱帯アメリカに約150種ある。花が橙黄色のキチョウジ、紅紫色のベニチョウジ、帯緑白色で夜に芳香を放つヤコウボクなど数種が温室栽培される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

セストラム

熱帯〜亜熱帯アメリカに分布するナス科の一属。約150種あり,温室あるいは露地性の花木として数種が栽培される。鋸歯(きょし)のない葉を互生,たれ下がった総状または散房花序に,多数の芳香性の筒状花をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セストラム【Cestrum】

ナス科キチョウジCestrumの常緑低木もしくは小高木で,熱帯および亜熱帯アメリカに約150種が分布する。葉は全縁で互生し,花は下垂し,集散花序ないしは総状花序につき,筒状の花は赤・黄・帯緑・白色などである。キチョウジ(黄丁字)C.aurantiacum Lindl.はグアテマラ原産。半つる性で長さ1.5m以上に伸び,葉は卵状披針形,総状花序で頂生ないし腋生(えきせい)し,花は橙黄色である。ヤコウカ(夜香花)C.nocturnum L.(イラスト)は,ヤコウボク(夜香木)の別名やnight jasmineの英名もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セストラムの関連キーワードベニチョウジヤコウカ総状花序黄丁字